shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , 投資 , 放送禁止など様々な情報~ショウヘイのブログです。

高橋洋一さんの著書「正しい未来予測のための武器になる数学アタマのつくり方」を読みました。

こんにちは、ショウヘイです。

高橋洋一さんの著書「正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方」を読みました。

正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方

数学は難しいですが、数学アタマは必要だなと思います。

数学の難しい話。

最近、私は、数学が必要だなと思っています。

この本で言うところの、私は「文系バカ」。

いろいろなことを判断する上で何を根拠にしているかというと、なんとなくの感覚とか雰囲気とかで、判断していることが多いと思います。

この、なんとなくの感覚じゃなくて、もっと具体的な数字を見て、判断をすべきなんじゃないかと、思ってきました。

つまり、数学アタマが必要だなということで、この本を読んでみました。

しかし、数学からかけ離れた生活を送ってきた私にとって、この本の内容はちょっと難しく感じました。

錆びついた数学アタマの歯車を回転させるのが大変で、丁寧に読んでいかないと、何がなんだかわからなくなってきます。

この本に書かれている、一つ一つの用語とか数式を吟味して読み進めていかないと、もうちんぷんかんぷん。

特に、統計の部分は、理解するのが大変。

偏差値の話ぐらいから、残念ながらすんなり頭に入ってきませんね。

しかし、この統計の話などよく理解することができれば、いろいろなことに応用できそうな気がします。

数学アタマで、物事を捉えることができれば、正しく判断できるようになるんじゃないかと思います。

本の中で出てきた、医学部の入試問題は、感覚だけで考えるのと、きちんと理論立てて数学アタマで考えるのでは、結論は全く違いますよね。

自分の数学アタマを育てて、良い意味でドライで正しい判断をしていきたいと思いました。

この本の中で示されているものは、難しいものもありますが、中には面白い話もあります。

モンティ・ホール問題の話は、特に興味深いですね。

このモンティ・ホール問題は、この本を読む前にすでに私は知っていましたが、あらためて説明を聞くと、なるほどなぁ~と理解できます。

しかし、「文系バカ」の私は、この本を一読しただけじゃ、全然アタマに入りません。

この本を読み返しつつ、もう少し数学に関する様々な本を読んでいき、数学の理解を深めていきたいなと思いました。

正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方

正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方

 

以上、「高橋洋一さんの著書 正しい未来予測のための武器になる数学アタマのつくり方を読みました」でした。