shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

スポンサーリンク

エリック・バーカーさんの著書「残酷すぎる成功法則」を読みました。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

エリック・バーカーさんの著書「残酷すぎる成功法則 9割まちがえるその常識を科学する」を読みました。

残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

この本、結構面白かったので、さらっと紹介します。

 

残酷すぎる成功法則の内容。

この本、結構分厚い本で、読むのが大変ですが、内容は例え話が多く、読みやすいと思いました。

本の内容は、それぞれきちんとした証拠をつけて、いわゆる自己啓発や成功術みたいなことを解説しています。

  1. 成功するにはエリートコースを目指すべき?
  2. 「いい人」は成功できない?
  3. 勝者は決して諦めず、切り替えの早い者は勝てないのか?
  4. なぜ「ネットワーキング」はうまくいかないのか?
  5. 「できる」と自信を持つのには効果がある?
  6. 仕事バカ…それとも、ワーク・ライフ・バランス?

全部で、6つの章からなっています。

かいつまんで、好きな章を読むこともできますが、前の章の例示を引き合いに出したりするので、はじめから読んでいったほうが良いかもしれません。

また、それぞれの章の最後に、まとめの部分があるので、もう一度読み返す時は、その部分を重点的に読むと良いと思いました。

 

残酷すぎる成功法則の感想。

私は、6つの章のうち、結局最終章が一番重要かな?と思いました。

それはつまり、ざっくり言うと、現状の自分を把握して、どのように自分をより良い方向へ変化させるべきか、ということです。

言われれば、あまりにも分かりきったことですが、この本を読んでいくと、とても納得できてしまいます。

とはいえ、ほかの章に書いてあることも、もちろん面白く、読むべき内容だと思います。

一読後は、もう一度、ペラペラと本のページをめくり、どうだったかを思い出しながら確認するのも良いと思いました。 

あと、「残酷すぎる成功法則」というタイトルですが、残酷すぎるわけではないと思います。

また、「成功法則」という、ビジネス書にありがちな、一見いかにもな内容に思えますが、人付き合いとか、メンタルヘルスとか、普通の人が普通に生活する上でためになる話もあり、「より良い生活をする術」と読み替えても良い内容だと思いました。

とても面白かったです。

残酷すぎる成功法則  9割まちがえる「その常識」を科学する

残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

  • 作者: エリック・バーカー,橘玲,竹中てる実
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

以上、「エリック・バーカーさんの著書 残酷すぎる成功法則を読みました」でした。