shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

Daigoさんの著書「人を操る禁断の文章術」の紹介と感想。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

Daigoさんの著書「人を操る禁断の文章術」という本を読みました。

人を操る禁断の文章術

以前読んだ「「好き」を「お金」に変える心理学」に引き続き、Daigoさんの本を読みました。

本の名前が、おどろおどろしく見えますが、まっとうな文章術の本だと思います。

Daigoさんの本は読みやすいので、スラスラと一気に読みました。

 

人を行動させる文章術。

文章の目的は、人を行動させることである。

この本の最初に書かれていることです。

自分が書いた文章によって、人に行動させるというのは、いろいろな場面で役に立つことですよね。

人を行動させる文章術とはいったいどんなものなのか。

それには、3つの原則があります。

1.あれこれ書かない

2.きれいに書かない

3.自分で書かない

1.の、あれこれ書かないというのは、伝えたいことをひとつだけに絞ること

あらかじめ、ひとつのゴールを決めて、そこに向かって文章を組み立てるということですね。

本の中に、国債の説明の例が書いてありました。

「国債は、国の借金だ」という説明は、余計なことを書かず、言いたいことがわかりやすく、受け入れやすい文章だということですね。

2.の、きれいに書かないというのは、お利口な文章、当たり障りのない文章を書かないということ

人は、論理よりも感情に重きを置くので、理路整然なことより、感情を出したことに注目されるわけです。

自分の言葉で、個人的な思いが伝わる文章を書くというのが大切ですよね。

3.の、自分で書かないというのは、2.と矛盾してそうですが、読む人の気持ちを考えて文章を書くということ

読み手(相手)の思いを踏まえて文章を書けば、その人に行動させることができるわけですね。

そのためには、読み手の心理をよく調査研究することが必要だということです。

 

読み手を感情的に揺さぶるトリガー。

読み手を感情的に揺さぶるため、つまり行動に駆り立てるためのトリガー(引き金)について書いてありました。

7つのトリガーについて紹介されていました。

それぞれのトリガーは、人の心理を突いたもので、なるほどな~と納得できるものでした。

その中で、例えば、「みんな一緒」というトリガー。

みんながやってるから…とか、みんな持っている…とか、日本人っぽい感覚は、特に読み手を行動に駆り立てるのに、有用なトリガーなんじゃないかと思います。

また、「認められたい」というトリガー。

人は、他人から認められたいという承認欲求があります。

Facebookのイイね!も、他人から認められたということですよね。

その承認欲求を、文章の中で利用するということです。

例えば、あなたのおかげですよ…のような言葉を添えることで、相手を喜ばせ、行動に向かわせることができるということですね。

そのようなトリガー7つをうまく使って、人を行動に駆り立てるわけですね。

 

文章テクニック。

最後に、文章を書く上でのテクニックについて、5つあげられていました。

特に私が注目したのは、追伸を書くということ

文章の最後に付け足しみたいに書かれた追伸って、案外覚えていることが多いなと思います。

本文よりも、追伸のほうが記憶に残っていたりしてw

そのため、文章は、最後から順番に書くというテクニックも紹介されていました。

 

ブログへの応用。

この「人を操る禁断の文章術」に中に書かれている内容は、ブログの記事を書くことに応用できないかなぁ~と思います。

例えば、3つの原則の一つ、きれいに書かない

ブログの記事を読む人のことを考えると、まとまった理路整然とした味気ない文章を書くより、もっと感情を込めた言葉で文章を書いたほうが、とっつきやすいですからね。

また、ブログ記事のタイトルをつける際も、この本の内容は応用できそうですね。

とは言いつつも、本の内容をきちんと実践しないとダメですがね。

 

…それにしても、Daigoさんの本は読みやすいです。

内容がうまく構成されていて、具体的な例がとてもわかりやすい。

読書が苦手だなぁと思う人でも、スラスラいけるんじゃないかなと思いますよ。

 

以上、「Daigoさんの著書 人を操る禁断の文章術の紹介と感想」でした。

 

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

 

関連記事: