shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

田口智隆さんの著書「“好き"がお金に変わる33の方法」の紹介と感想。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

田口智隆さんの著書「“好き"がお金に変わる33の方法」を読みました。

“好き

この前読んだ、Daigoさんの著書「「好き」を「お金」に変える心理学」と同じようなタイトルで、内容も似ているんじゃないかと思いましたが、そうでもなかったです。

 

体験と情報発信と信用力で、お金に変わる。

自分が好きだからこそ、経験して身につけたものは、お金になる種となる

その経験を情報発信し、その経験が人のために役立つということを知らせ、自分を信頼してもらうことで、お金を得ることができるというわけです。

自分が本当に好きなことは、何か。

それを見つけるためのヒントとして、今までにお金と時間をかけていたことは何かを考える。

その他、自分が本当に好きなことを考える際のヒントとしては…。

人前で、1時間語ることができるか?

話していて、ワクワクすることは何か?

一心不乱に打ち込めることは何か?

人から、よく質問されることは何か?

これらを考え、自分の好きなことを追求していきます。

好きなことをお金に変えるわけですが、お金にならないだろうから…という先入観は捨てる

儲かるからではなく、好きだからやるというのが大前提だということです。

 

好きなことを追求していく。

自分の好きなことは、ひとつのことに絞るべきで、自分の一番の強みで勝負していく。

好きとオリジナルを組み合わせ、オリジナリティを持ち、人に喜んでもらえる工夫をします。

その際、ターゲットは誰かを考える必要があります。

また、自分が好きなことは何かという肩書やキャッチフレーズを使うのも有効で、名刺などを使って、自分がどんな人かわかるものを示す。

自分の好きなことが、何の役に立つかをアピール。

自分が好きなことは、完璧でなくても良い。

それは、自分の準備ができてなくても、すぐに実行に移すようにして、未熟でも経験を積むのが良いということです。

実行に移して、少しずつステップアップを計るわけです。

 

結局、自分が楽しめるかどうか。

自分自身をブランド化していき、自分についてきてくれる人を大事にします。

一方で、人の要望をすべて聞くことはなく、また苦手な人とは関わる必要はない。

あくまで自分が楽しめるかどうかが基準であり、自分が楽しめないことは、排除していくわけです。

ビジネスを広げても、自分自身が楽しめるかどうかが重要で、どこまで成長させるか、ビジネスの展望を描くについても、それは自分が楽しめるかどうかによるのです。

この本の根底にあるものは、自分が本当に好きなことを、自分自身が楽しんでできるかどうかということですね。

お金は、二の次。

自分が好きなこと楽しめることを、どれだけ追求できるか、です。

自分の好きなことを、とことん追求することって、私は今までしてこなかったな…。

あらためて、自分を見つめ直す必要があるなと思いました。

 

以上、「田口智隆さんの著書 “好き"がお金に変わる33の方法の紹介と感想」でした。

 

“好き

“好き"がお金に変わる33の方法

 

 

関連記事: