shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , 投資 , 放送禁止など様々な情報~ショウヘイのブログです。

JR高速バスで、東京から名古屋へ。

こんにちは、ショウヘイです。

先日、東京へ行ってきました。

f:id:shohei_info:20181216083451j:plain

往路は新幹線(ぷらっとこだま)を利用して東京へ行ったのですが、復路はJR高速バスに乗って名古屋へ帰ってきました。

JR東海バスの高速路線バス。

JR東海バスの高速路線バスは、私は以前はよく利用していたんですが、最近は新幹線ばかり使っていました。

久しぶりにJR高速バスを利用してみようかなと思って、使ってみることにしました。 

JR高速バスの予約は、高速バスネットを利用しました。

会員登録をしログインして、自分の乗りたいバスを予約します。

早割とかネット割とか、いろいろ割引がきいたので、私の場合、JR東京駅からJR名古屋駅まで、片道3,080円でした。

新幹線片道の料金と比較すると、だいたい3分の1以下の料金!

3,000円ちょっとで東京から名古屋に行けるって、すごいですね~。

JR東京駅八重洲口から乗車。

JR東京駅八重洲口を午前11時半発のJR高速バスに乗車。

乗車の際には、スマホの画面に、「Web乗車票」のQRコードを表示させて、係の人に読み取ってもらいます。

私が利用したバスは、2階建てバスで、私の座席は2階。

2階の座席は、隣の席と距離があり、独立しています。

1階には、ビジネスシートとトイレ完備

万が一の時、走行中にトイレに行けるというのは、とても安心。

私が座ったのは、A席で、進行方向の左側の席。

この席がちょっとイマイチで、席は独立しているものの、となりのB席との間にあまり余裕がなく、例えばトイレに立ちたいと思っても、B席の人がどいてくれないと移動しにくいことになっています。

なので、次回は、利用するときは、A席ではなく、C席を選択すべきだと思いました。(席は、予約の際に選択することができる)

東京名古屋間のこの高速バスは、新東名高速道路を通ります。

途中、2つのサービスエリア(パーキングエリア)で休憩があり、約15分停車の予定です。

東京駅から霞が関を通り、首都高速道路に乗ります。

首都高都心環状線で、六本木、渋谷を通り、首都高3号渋谷線へ。

このあたりから、渋滞…。

高速バスは、新幹線と違って、渋滞に巻き込まれることがありますからね。

f:id:shohei_info:20181218142147j:plain

でも、用賀を越えて、東名高速道路に乗り、多摩川を渡ったくらいからは、スムーズに走れるようになってきました。 

f:id:shohei_info:20181218142209j:plain

富士山が綺麗に見えてきました。 (写真じゃ分かりづらい…)

f:id:shohei_info:20181218142237j:plain

午後1時過ぎ、足柄サービスエリアへ到着。

ここで、休憩15分間。  

f:id:shohei_info:20181218142440j:plain

私は、売店には寄らず、トイレのみ済ませてきました。

やはり、B席の人に迷惑がかからぬよう、B席の人が席に立つ後に私は席を立って、B席の人が席に戻ってくる前に、私は席に戻るように心がけました。

やはり、独り身の客としては、A席は気をつかう席なんだと思います。

ところで、このバスには、それぞれの座席の横に、コンセントがついています。 

f:id:shohei_info:20181218142459j:plain

これでスマホの充電とかできるんで、充電させてもらいました。

また、バス内にはWi-Fiも設置してあるようで、つなぐことができました。

f:id:shohei_info:20181218142629j:plain

でも、あんまり通信状況は良くなかったような気がしました。

足柄サービスエリア出発後、新東名高速道路に乗りました。 

東名高速道路とは違って、新東名高速道路は山の方を通るので、遠くに見える沼津の街と太平洋がきれいに見えました。

f:id:shohei_info:20181218142550j:plain

ちなみに、このバスはガラスが遮光になっていて、外からバス内が見えないような窓になっています。 

その分、外の景色が暗く見えます。

この日は、日中曇り空だったけれど、夜のように暗く感じました。 

渋滞に巻き込まれることなく、次の休憩場所である、遠州森町パーキングエリアへ。

午後2時50分頃。

f:id:shohei_info:20181218142643j:plain

15分休憩。

ここでも、私はトイレだけ済ませました。

その後も、順調にバスは進み、名古屋市内へ。

f:id:shohei_info:20181218142701j:plain

名古屋高速へ入ってから、少し渋滞したりして、笹島近くの黄金インターで降りました。

ここのインターが、かなり混雑していて、なかなか一般道へ降りられず、ノロノロしていました。

で、ようやく一般道から、JR名古屋駅へ。

JR名古屋駅太閤口のバスターミナル

結果、午前11時半出発、午後4時39分着。

予定より5分くらい遅れての到着となりましたが、これくらいは許容範囲。

以前、私が高速バスに乗った時は、片道9時間かかったということもあったんで、そのことを考えると、大したことないなという感覚です。(これは、お盆の帰省ラッシュの中、高速バスを利用したというのが、そもそもの間違い)

以前は、東名高速道路を使っていたため、高速バスは片道6時間という私の目算でしたが、新東名高速道路を使うことにより片道5時間となり、だいぶ早くなったなという感想です。

あとは、やはりコンセントとWi-Fiが利用できるのは、とても大きい変化。

以前私が利用していた頃の高速バスは激変し、どえらいバージョンアップぶりに驚かされました。

快適さと利便性、時間短縮を感じられた、久しぶりのJR高速バス旅でした。

今後も、利用させてもらう予定です。

以上、「JR高速バスで、東京から名古屋へ」でした。