shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

IPO ビーブレイクシステムズを、SBI証券で抽選申込をしました。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

IPO ビーブレイクシステムズ(3986)の抽選申込を、SBI証券で行いました。

f:id:shohei_info:20170602085451j:plain

本日、このIPOのブックビルディングは期限でした。

(2017年6月2日の午前11時がブックビル期限)

IPOチャレンジポイントの配分をどうするか、すごく迷いましたがね。

 

SBI証券でIPOの抽選申込。

ビーブレイクシステムズのIPO 主幹事証券会社が、SBI証券です。

主幹事証券会社なので、SBI証券へのIPOの配分は多いのです。

そして、IPO当選を左右するのが、IPOチャレンジポイント。

このIPOチャレンジポイントを、私は356ポイント持っています。

このポイントをたくさん使うほど、当選確率が上がるわけですが、どれだけ使えばいいのか悩ましいところ。

356ポイント全部を使うか、それとも少し減らすか、半分くらいにするか。

このポイント配分にとても悩みましたが、とりあえず結論として、私は306ポイントで申し込みました。

申込株数は内緒です。

f:id:shohei_info:20170602084417p:plain

これで、どうだ!…どうなんでしょ、ホント。

 

IPO ディーエムソリューションズの誘惑。

このビーブレイクシステムズの次のIPOが、ディーエムソリューションズ(6549)で、こちらも主幹事はSBI証券

とても期待の大きなIPOなので、ビーブレイクシステムズを蹴って、ディーエムソリューションズに申し込むという策も考えられたわけですが、ひとまずビーブレイクシステムズの結果を待ってから考えようと思っています。

もしかしたら、こちらのほうが利幅は大きいのかも?とか、思ったりします。

とかなんとか考えつつも、すでに申し込んだ以上は、当選を祈るだけ!

 

以上、「IPO ビーブレイクシステムズを、SBI証券で抽選申込をしました」でした。

 

関連記事: