shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , 投資 , 放送禁止など様々な情報~ショウヘイのブログです。

南千住駅から近くて安い、ホテルヒカリに宿泊。

こんにちは、ショウヘイです。

先日、東京旅行に行ってきました。

その際、南千住のホテルに宿泊しました。

f:id:shohei_info:20181214103933j:plain

南千住のホテルは、私はよく利用しています。

今回は、ホテルヒカリに宿泊しました。

南千住のホテルの特徴。 

東京に宿泊するとなると、私はよく南千住のホテルを利用します。

とにかく安い。

私が利用したホテルヒカリは、1泊3,500円!(連泊料金)

f:id:shohei_info:20181214152914j:plain

土日祝日も変化なく、1泊3500円でした。

私は4泊したので、合計14,000円。

一般のビジネスホテルでいえば2泊分くらいでしょうか。

もちろん、部屋は一般のビジネスホテルとは違って、独特。

部屋は、小さく三畳間。

布団を敷いたら、部屋が埋まってしまうほどの広さです。

f:id:shohei_info:20181214152953j:plain

トイレやお風呂、洗面所は、共同です。

部屋から出て、廊下を歩いていき、トイレとかに行く感じですね。

こういった格安ホテルのシステムを利用することに抵抗がなければ、とてもリーズナブルに東京に宿泊することができます。

また、南千住の立地が素晴らしい。

山手線日暮里駅まで、南千住駅から常磐線で2駅。

南千住は、JRのほか地下鉄日比谷線やつくばエクスプレスも通っているので、交通至便が優れています。

銀座には、日比谷線で乗り換えることなく行くことができます。

あと、JRの上野東京ラインが最近できたことで、南千住に東京駅から向かうのが、乗り換えなくできるようになったというのは、とても大きいですね。

f:id:shohei_info:20181214153033j:plain

旅行バッグとか、大きな荷物を抱えて乗り換えする手間が減りましたから。

都営バスも、東京駅八重洲口から南千住駅まで路線があります。(私は、この都営バスを利用したことはありませんが) 

f:id:shohei_info:20181214153157j:plain

南千住のホテルの多くは、南千住駅の南側にあります。

この南側には、歩道橋を使わなくてはならないというのが、ちょっとネック。(エレベータはあります)

f:id:shohei_info:20181214153228j:plain

この南千住駅南側にある、一番近いホテルの一つが丸忠チェントロ

f:id:shohei_info:20181214153441j:plain

この丸忠チェントロは、以前私も使ったことがあります。

今回、この丸忠チェントロを予約しようとしましたが、すでに部屋は埋まっていて、予約できませんでした。

この丸忠チェントロから道を挟んで向かい側に、まいばすけっと南千住駅南店があります。

f:id:shohei_info:20181214153502j:plain

まいばすけっとは、いわばスーパーの小型店舗。

ここで、食料を調達するのが良いかと。

もちろん、ローソンやセブンイレブンもあります。

ご飯を食べるなら、マクドナルド、デニーズ、松屋など充実している南千住駅周辺が良いかと思います。

f:id:shohei_info:20181214153539j:plain

ホテルヒカリ。

私が宿泊したホテルヒカリは、南千住駅の南側、泪橋交差点を渡ったところにあります。

f:id:shohei_info:20181214153655j:plain

このホテルは、禁煙と喫煙フロアが別になっています。(一部例外あり)

また、男性と女性とでも、基本的にフロアが分かれていて、配慮されています。

トイレや洗面所は、各フロアにあり、風呂は1階。

風呂は、男性が利用できる時間と、女性が利用できる時間というふうに、分けられています。

これ以外に、コインシャワーもあります。(1回200円)

朝風呂も入れます。

チェックイン時に、バスタオルとフェイスタオルが入った透明のバッグを借りることができます。

1階にある紙コップは、自由に使うことができます。

Wi-Fiも使え、速度は遅くないと思います。

部屋には、テレビ、エアコン完備。

ホテルヒカリのフロントの人たちは、みなさんとても感じの良い対応をしていただけました。

とても気持ちよく利用することができました。


 

以上、「南千住駅から近くて安い、ホテルヒカリに宿泊」でした。