shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

スポンサーリンク

ソーシャルレンディングでの投資を続行することにしました。

こんにちは、ショウヘイです。

ソーシャルレンディングでの投資を、私は一昨年からやっています。

f:id:shohei_info:20180419091638j:plain

2017年の投資効果は、年利約5%という成績で、まあまあ満足しています。

2018年になってからは、少しソーシャルレンディングから退こうと思っていましたが、やっぱり再投資することにしました。

 

2018年に入って、ソーシャルレンディングを控えていたが。

2017年から2018年初頭にかけて、世界情勢がきな臭くなってきたこともあり、なんとなく今は投資ではなく、お金として持っておいたほうが良いのではないかと思っていました。

政治的にも経済的にも、世界情勢がきなくさくなってくると、株価が暴落したりすることがあったりして、ヒヤッとすることが増えてきました。

なので、ソーシャルレンディングによる投資が終了し、返還されたお金をソーシャルレンディングに再投資することを、控えてきました。

が、ここにきて、緊迫した世界情勢が、ほんの少しですが緩和された様子になってきました。

そのため、株価はゆっくりと高値を目指すようになってきました。

また、自分の中で、お金を投資に回したいという欲みたいなものが出てきたので、再投資することを決めました。

とりあえず、SBIソーシャルレンディング。

とりあえず、SBIソーシャルレンディングに投資することにしました。

SBIソーシャルレンディングの登録と投資については、こちらも参考に。

ただ、SBIソーシャルレンディングの投資の仕組みが、少し変わりました。 

今までは、SBIソーシャルレンディングの中に分配用口座があって、そこからまた投資をすることができていたのですが、分配金は直接自分の銀行口座に振込される形になりました。

なので、SBIソーシャルレンディングで投資をしてきたお金が自分の銀行口座に戻ってきて、再投資せずそのままにしておいたので、今はSBIソーシャルレンディングではほとんど投資をしていない状態になっていました。

分配から投資への流れがSBIソーシャルレンディングの中で完結せず、再投資するには自分の銀行口座から投資金をわざわざ振り込まなければならないというのが、ちょっと残念。

振込手数料が当然かかるため、振込手数料が月1回無料などのサービスを実施している、新生銀行だとかソニー銀行から、SBIソーシャルレンディングの指定口座に振込むようにしました。

先日、私が投資したのは、SBISL不動産バイヤーズローンファンドというものを2つ。

f:id:shohei_info:20180419085936p:plain

利回り6.5%、予定運用期間12ヶ月です。

それぞれ20万円ずつ。

自分としては、結構思い切ったなという感覚です。

これまで、SBIソーシャルレンディングは、法人向け貸付事業で、貸倒れ又は延滞したまま分配日を迎えたファンドは0件ということなので、信頼してもいいかなと思っています。

もちろん、投資は自己責任ですがね。

このSBISL不動産バイヤーズローンファンドの投資の申込は、午前10時からでした。

私はその時間にパソコンを操作して投資の申込をしたのですが、アクセスが集中しているせいかのか、ものすごく画面の遷移が重い!

申込のボタンをクリックして、数分待たされるというのが続いたりしました。

そんなこともありましたが、なんとか投資することができました。

その後、募集金額が集まったようで、その日のうちに申込は打ち切られた模様です。

ものすごい勢いで、ソーシャルレンディングに投資が殺到しているのが、わかります。

きちんと、投資した金額と利益が戻ってくることを祈ります…。

 

以上、「ソーシャルレンディングでの投資を続行することにしました」でした。