shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , 投資 , 放送禁止など様々な情報~ショウヘイのブログです。

DQMSL攻略 魔砲の試練 ミッション「???系をパーティに入れずにクリア」を達成しました。

こんにちは、ショウヘイです。

DQMSL 高難易度クエスト七王の試練魔砲の試練冒涜の試練が始まりました。

f:id:shohei_info:20190307185608j:plain

魔砲の試練 ミッション???系をパーティに入れずにクリア」を達成しました。

f:id:shohei_info:20190308154904j:plain

まぁ、なんというか運要素強いなぁ~という感じでした。

???系を入れないパーティ。

私が組んだ、???系を入れないパーティがこちら。

f:id:shohei_info:20190308145504j:plain

  • ほうおう2体
  • 神鳥レティス
  • はめつの使者
  • デスソシスト
  • コハクそう

ギラの呪文攻撃メインのパーティです。

とにかく、ギラマータかそれに類する攻撃ができるモンスターを入れました。

個人的には、サポートモンスター以外は、同じ種類のモンスターを入れたくないので、コハクそうを2体入れるということはしませんでした。

HP回復などはレティスに任せます。

装備品はこんな感じで、ギラ系の呪文に適したものを持たせました。

デスソシストはMPが少ないので、ひかりの杖を装備して、MP回復状態にしました。

レティスにはすばやさをアップさせたいので、おうごんのツメを持たせました。

f:id:shohei_info:20190308150309j:plain

魔砲の試練 実践。

魔砲の王との戦いです。 

f:id:shohei_info:20190307190741j:plain

ラウンド1、魔砲の王は王のはどうでこちらの効果を解除し、エビルエスタークを2体呼び、魔砲の加護で、ダメージを軽減させてきます。

そして、リーサルウェポンをラウンド4で発動する準備をします。

こちらは、神鳥レティスのいてつくはどうで、魔法の加護を解除します。

ディバインフェザーで呪文防御をダウンさせ、ギラハックなどでギラ耐性をダウンさせたりします。

これがうまく決まってほしい!

ギラマータ鮮烈な稲妻で、攻撃。

f:id:shohei_info:20190308151721j:plain

ラウンド2、魔砲の王のアイアンクローで動きが封じられますが、仕方ない。

その前に、神鳥レティスの神鳥の守護ができれば良いんでしょうけれど、次のラウンドでもアイアンクローを食らうと思うので、一応、神鳥の守護をやります。

こちらはギラマータなどで攻撃。

やがて自爆するエビルエスタークを優先的に倒します。

で、なんとかエビルエスタークを倒し、魔砲の王のHPを3分の1程度削ることができれば、リーサルウェポンは失敗します。

f:id:shohei_info:20190308152630j:plain

そして、キラーシーカー2体を呼び、また魔砲の加護をやってきます。

なので、またレティスはいてつくはどうで魔砲の加護を解除。

再び、ディバインフェザーやギラハックで魔法防御とギラ耐性をダウンさせ、ギラマータなどで攻撃。

これも、うまくディバインフェザーやギラハックが決まってくれるのを祈る!

そして、キラーシーカーのパニックラッシュで混乱しないことを祈る!

もうここは運じゃないかと思います。

ラウンド5終了時点で、キラーシーカーを倒し切るのが理想。

f:id:shohei_info:20190308153240j:plain

そして、ラウンド6で魔砲の王のHPを削っていき、ラウンド7へ。

ここで、ヘビーマジンガを呼び、またまた魔砲の加護をやってくるので、いてつくはどうで解除。

いてつくはどうをするMPを残しておく必要があります。

f:id:shohei_info:20190308153533j:plain

またまた同じように、ディバインフェザーとギラハック等で耐性等をダウンさせ、ギラマータ等で攻撃。

そして、ヘビーマジンガと魔砲の王を撃破。

f:id:shohei_info:20190308154331j:plain

ミッション達成です。

ついでに、ミッション「仲間を一度も倒されずにクリア」も達成できました。

f:id:shohei_info:20190308154828j:plain

達成するには、何度もトライするしかなさそうなミッションだと思います。

参考まで。

以上、「DQMSL攻略 魔砲の試練 ミッション ???系をパーティに入れずにクリアを達成しました」でした。