shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , 投資 , 放送禁止など様々な情報~ショウヘイのブログです。

ZNT Airfits Pro 完全ワイヤレスイヤホンを使ってみての感想。

こんにちは、ショウヘイです。

Amazonプライムデー2018が開催され、その時に購入した「ZNT Airfits Pro 完全ワイヤレスイヤホン」。

【Bluetooth5.0進化型】自動ペアリング ZNT Airfits Pro 完全ワイヤレスイヤホン IPX5防滴 片耳&両耳対応 マイク内蔵 左右分離型 充電ケース付 ワイヤレスイヤホン Siri対応

使ってみての、感想です。

Amazonプライムデー2018で購入。

Amazonプライムデー2018で、完全ワイヤレスイヤホンのZNT Airfits Proを購入しました。

完全ワイヤレスイヤホンは、いわゆる、コードが一切ない、左右独立した、耳栓のようなワイヤレスイヤホンです。

前々から完全ワイヤレスイヤホンを欲しいと思っていて、この機会に思い切って購入しました。

通常価格5,980円のところ、Amazonプライムデー価格3,998円で購入しました。

リーズナブルな完全ワイヤレスイヤホンの価格帯の中では、若干高い部類の商品だと思います。

これまで使っていたのは、TaoTronics Bluetooth イヤホン 4.0でした。

このワイヤレスイヤホンは、音質が良くて、とても満足のいく商品でした。

でも、やっぱりこの左右のイヤホン同士をつなぐコードが邪魔なんですよね。

夏場とかに外で使っていると、コードが汗をかいた首筋にへばりついて、引っ張られてイヤホンが耳から抜け落ちることがあるんですよね。

まぁ、そんな汗っかきな私にとっては、コード付きワイヤレスイヤホンはちょっぴり使いにくい。

てなわけで、完全ワイヤレスイヤホンのZNT Airfits Proを購入したというわけです。

ZNT Airfits Pro。

家に届いた、ZNT Airfits Pro。

結構しっかりした箱に入ってます。

この丸いケースの中にイヤホンが入っています。

f:id:shohei_info:20180722084211j:plain

内容物は、こんな感じ。

f:id:shohei_info:20180722084404j:plain

取扱説明書は、英語と日本語があります。 

日本語はあまり流暢でない部分もありますが、言わんとしていることはわかります。

f:id:shohei_info:20180722140658j:plain

まずは充電。

イヤホンと充電ケースの間に、小さなセロファンみたいなものが挟まっているのでそれを取り除き、USBで充電します。

イヤホンが充電中の場合はイヤホンが光っています。 

f:id:shohei_info:20180722143434j:plain

自分のiPhone7とのベアリングは、手こずるかなと思いましたが、あっさりできました。

2つのイヤホンを充電ケースから取り出して、iPhoneのBluetoothの画面で選択するだけ。

f:id:shohei_info:20180722144742j:plain

イヤホンのLとRは、イヤホンの内側に刻印されています。

f:id:shohei_info:20180722145440j:plain

イヤーピースは、大中小がそれぞれ2個セット。

もともとイヤホンに装着されているのは、中のサイズです。

f:id:shohei_info:20180722145542j:plain

イヤホンから、カバーをはずしてみました。

f:id:shohei_info:20180723084152j:plain

A5ノート、カード、充電ケースの大きさ比較。

案外、充電ケースは小さいです。

f:id:shohei_info:20180722145727j:plain

このイヤホンで音楽を聞いてみると、特に不便なく使うことができました。

音質は、以前使っていたTaoTronics Bluetooth イヤホンと比較すると、重低音があまり響かず、軽い音のように感じました。

イヤホンでの操作は、曲送りと一時停止、再生が行えるだけで、音量の調節はできません。

音量の調節などは、スマホで行います。

まぁ、イヤホンは必要最低限のことができれば充分かなと私は思います。

コードがないと、非常に扱いやすく、すごく楽だなぁと思います。

普通に使えて、今のところ特に問題はありません。

初の完全ワイヤレスイヤホンは、私にとっては満足です。

使い続けていくつもりです。

以上、「ZNT Airfits Pro 完全ワイヤレスイヤホンを使ってみての感想」でした。