shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

スポンサーリンク

DQMSL攻略 不思議の塔クエスト「大空の塔」をとりあえずやってみました。

こんにちは、ショウヘイです。

DQMSL 不思議の塔クエストが始まりました

f:id:shohei_info:20180712152815j:plain

大空の塔をとりあえずやってみました。

不思議の塔クエストは未知のクエストなので、よくわかりませんがとりあえずやってっみましたよ。

不思議の塔クエストの準備。

不思議の塔クエストは、クエストの中にボタンがあります。

f:id:shohei_info:20180712153510j:plain

で、この画面。

f:id:shohei_info:20180712153639j:plain

まず、 パーティを組みます。

この前クエストで対戦した、探検隊の仲間たちが5体いるので、彼ら(探検モンスター)をパーティに組みます。

f:id:shohei_info:20180712153724j:plain

そして、応援パーティを追加していきます。

要は、探検モンスター探検の能力をアップさせるため、自分が持っているモンスターを追加する作業です。

f:id:shohei_info:20180712153859j:plain

たとえば、スラおには、スライム系のモンスターを応援パーティに追加することができます。

たとえば、デンガー強は、HPと攻撃力をそれぞれ15アップさせます。

f:id:shohei_info:20180712154157j:plain

というふうに、それぞれの探検モンスターに4体ずつ追加していきます。

面倒くさければ、右上の「まとめて設定」から、「おまかせ追加」すれば自動的に追加されます。

そして、塔に挑む

f:id:shohei_info:20180712155339j:plain

先程のパーティを選択し、冒険をするをタッチ。

みちびきの加護を得るですが、みちびきの魔石を追加すればいろいろな効果が得られるようです。

f:id:shohei_info:20180712154933j:plain

塔の従者を追跡するですが、とりあえずは追跡しないでいいんじゃないかな。

f:id:shohei_info:20180712154842j:plain

そして、最終確認が済んだら、いよいよ不思議の塔クエストへ出発です。

不思議の塔クエスト「大空の塔」。

不思議の塔クエスト「大空の塔」は、一見普通のクエストをやっている感じですね。

塔の上の階へ進むほど、敵は強くなっていきます。

また、特技は、探検モンスターそれぞれ特有のものを持っています。

例えば、スラおはホーリーラッシュ、プチマダンテ、ザオラル、ベギラマを持っています。

f:id:shohei_info:20180712155803j:plain

そのフロアをクリアし、次のフロアに上がる際に、おまもりを選択します。

要は、探検モンスターの能力をアップさせます。

f:id:shohei_info:20180712160155j:plain

そして、どんどん上の階へのぼっていきます。

最上階には、塔の従者であるタイプGがいました。

倒しましたが、仲間になってくれませんでした。

f:id:shohei_info:20180712164257j:plain

最終的に、最上階の10階をクリアし出口に到達すればクリアです。

f:id:shohei_info:20180712160427j:plain

クリアすると戦績が出て、それに基づき報酬が手に入ります。

f:id:shohei_info:20180712161031j:plain

途中いろいろなことが起こります。

例えば、ものすごく強いモンスターがいる部屋。

f:id:shohei_info:20180712160612j:plain

今のパーティで、ものすごく強い魔物に挑むのは、避けたほうが良いと思います。

あと、フロアには、モンスターがたくさんいるモンスターフロアとか。

f:id:shohei_info:20180712164511j:plain

宝箱が多くある、宝物庫もあります。

f:id:shohei_info:20180712164546j:plain

この大空の塔のクエストは、クリアするのに20分くらいかかるので、ちょっとお時間も必要だと思います。

とりあえず、こんな感じです。 

以上、「DQMSL攻略 不思議の塔クエスト 大空の塔をとりあえずやってみました」でした。