shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

もみじ寺でおなじみ、犬山寂光院と紅葉を見てきました。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

秋は紅葉シーズンということで、愛知県犬山市にある寂光院に行ってきました。

f:id:shohei_info:20171124085403j:plain

寂光院は、紅葉がきれいなことから「もみじでら」とも呼ばれています。

アクセスや所要時間などの情報も。

 

寂光院への道のり。

寂光院の場所は、愛知県犬山市の木曽川に近いところです。

公共交通機関を使うなら、名古屋鉄道犬山線の犬山遊園駅で下車。

徒歩で約20分

犬山遊園駅から、木曽川沿いを上流の方へ歩いていきます。

f:id:shohei_info:20171124085920j:plain

しかし、この木曽川沿いの歩道は、結構たいへんな道のりです。

途中、道が細くなっている場所があり、歩道のガードレールがない場所もあります。

その横を、車がビュンビュン走るので、少し恐怖を感じます。

特に紅葉シーズンの時期は、寂光院に行く人が多く、走る車の量も多いので、特に気をつけて行かないといけません。

f:id:shohei_info:20171124090211j:plain

また、寂光院は、いわば山の上のお寺

寂光院のふもとまで歩いてきたら、今度は、山登りが始まります。

駅から20分ほど歩き、寂光院のふもとまでたどり着いて、そこから山登りとなると、若い人は、頑張って坂道を歩いていくことができますが、お年寄りにはキツイかな?と思います。

f:id:shohei_info:20171124090453j:plain

寂光院を訪れる人は、車で来る人もいますが、結構渋滞します。

車で来るなら、渋滞はある程度覚悟しておく必要があるかもしれませんね。

犬山遊園駅東口から寂光院まで紅葉ルートバスが出ています。

ただし、2017年は、11月25日(土)26日(日)と12月2日(土)3日(日)のみの運行です。

この日に行くなら、紅葉ルートバスを使ったほうがいいかなと思います。

f:id:shohei_info:20171124090738j:plain

私が行った時は、11月23日だったので、紅葉ルートバスは走っていませんでしたw

寂光院口まで、犬山市コミュニティバスも走っています。

ただし、これは本数がかなり少ない上に、月曜・火曜・金曜しか運行していません

f:id:shohei_info:20171124091543j:plain

もし犬山市コミュニティバスを利用するなら、犬山遊園駅ではなく、犬山駅東口から乗ることになると思います。

 

いざ、寂光院の本堂へ。

寂光院のふもと、寂光院口から歩いていきます。

f:id:shohei_info:20171124091515j:plain

東海自然歩道でもあるため、山道を歩いていきます。

道には、落ち葉がたくさん。

f:id:shohei_info:20171124092131j:plain

ひとつの坂を登りきると、寂光院の入口

まだ、入口w

f:id:shohei_info:20171124092227j:plain

中へ入ると、また坂道。

f:id:shohei_info:20171124092250j:plain

途中、駐車場がありますが、もちろんほぼ満車。

この時期、ここの駐車場は、慢性的に満車なんじゃないでしょうか。

f:id:shohei_info:20171124092442j:plain

ここに、サイクルスタンド(駐輪場)があります。

バイクならまだしも、自転車でここまで来るのは大変だと思いますよ。

f:id:shohei_info:20171124092509j:plain

サイクルスタンドの横を通り、また坂道!

結構、坂道が続きます。

f:id:shohei_info:20171124092629j:plain

振り向くと、紅葉が綺麗。

f:id:shohei_info:20171124092703j:plain

ようやく、寂光院本堂…じゃない!

まだ、中腹の山麓広場

喫茶店などがあります。

f:id:shohei_info:20171124092820j:plain

喫茶店のメニューはこんな感じ。

f:id:shohei_info:20171124092958j:plain

ここの山麓広場から、寂光院本堂へ階段で登っていきます。

f:id:shohei_info:20171124093049j:plain

この山麓広場から寂光院本堂まで、スロープカーが出ています。

お年寄りや足の不自由な方のための乗り物です。

有料です。

f:id:shohei_info:20171124093214j:plain

私は、階段で登っていきます。

どこかのお子さんが階段を数えていたみたいで、300段弱らしいです。

わりと急階段なので、気をつけて。

f:id:shohei_info:20171124093408j:plain

で、ようやく到着。

ひとまずお疲れ様でした。

f:id:shohei_info:20171124093514j:plain

 

寂光院本堂周辺。

寂光院本堂がこちら。

お参りさせていただきました。

f:id:shohei_info:20171124093731j:plain

もみじでら」なので、紅葉とともに寂光院本堂を写真におさめました。

f:id:shohei_info:20171124093946j:plain

鐘もあります。

願いの鐘」というそうです。

一般の方も、この鐘をつくことができるようで、皆さんついてましたよ。

紅葉とともに写真。

f:id:shohei_info:20171124094044j:plain

少し離れたところに、筆弘法大師様がいらっしゃいます。

ここは、展望台のようになっています。

f:id:shohei_info:20171124094138j:plain

そこに、こんな看板。

「織田信長の眺めた 尾張・美濃」

じゃじゃ~ん!

f:id:shohei_info:20171124094205j:plain

確かに、ここからの風景は格別。

日本モンキーセンターの観覧車が見えます。

f:id:shohei_info:20171124094337j:plain

木曽川も眼下に。

写真じゃ伝わりにくいですが、とても気持ちが良い眺めです。

f:id:shohei_info:20171124094433j:plain

随求堂

本堂と渡り廊下でつながっています。

f:id:shohei_info:20171124094724j:plain

ひととおり、見終わったので、帰ります。

また、あの階段を下っていくわけです。

f:id:shohei_info:20171124094957j:plain

無事に帰るまでが寂光院です。

帰りも、足を階段から踏み外さないように。

また、寂光院口からの道のりも、気をつけてお帰りください。

 

天気の良い秋の日に、ちょっと寂光院で紅葉を楽しむのはいかがでしょうか。

f:id:shohei_info:20171124095454j:plain

 

以上、「もみじ寺でおなじみ、犬山寂光院と紅葉を見てきました」でした。