shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

押し寄せる不安はどうすればいいのか?私なりの対処法。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

この前、ちょっと体調が良くないことがありました。

メンタル的に、ちょっと。

f:id:shohei_info:20171019103444j:plain

不安に襲われて、これがしつこい!

なかなか頭のなかで、整理ができない不安は、時々現れます。

 

今回の不調。

今回のメンタル不調は、母親の体調が良くないこと。

ま、おそらくはただの風邪なんだと思います。

風邪を引いて、寝込んでいる母親を見ていると、自分の中に不安が噴出してしまうんですよね。

例えば、このまま母の不調が長続きしてしまうのではないか。

もしかしたら、別の深刻な病気で、もう手遅れなのではないか。

このまま回復せず、亡くなってしまうのではないか、とか。

様々な、いろんな良くない勘ぐりをしてしまうんですよね。

そんなことを考え、考え続け、頭のなかでその思いがグルグルグルグル回ってしまい、不安に押しつぶされる感覚です。

冷静に考えれば、そんな勘ぐりは、現実に決まったことではないわけで。

決まったことではないから、事実じゃないわけで、それを不安に思ってしまうのは、無駄なことではあるんですよね。

実際に何か合ってから、不安になるのが、正しい不安のなり方なんですがね。

それをふっ飛ばして、不安は大波のごとく、自分を襲ってくるんですよね…。

 

前にも合った不調。

高校卒業した後に、メンタル的に不調になったことがありました。

これは、自分の人生の中で、最初に襲われた不安の超大波でした。

今まで高校生であったのだけれど、卒業後に浪人が決まってしまい、自分がなんとも宙ぶらりんな存在になってしまった。

その宙ぶらりんな存在でいる自分が、不安で不安でたまらなく、苦しみ悶えていたことがありました。

結局、その後大学に入ってから、なんとか自分を取り戻し、その不安から逃れることができたんですよね。

 

噴き出す不安。

何か身の回りや自分のことで、噴き出す不安は、度々あります。

家族の誰かが病気になった意外にも、自分のお腹の調子がしばらく悪くて、これはものすごい大病なんじゃないか?という、これまた良くない勘ぐりをしてしまったり。

結局、おなかの調子は回復したんで、良かったんですが。

悪いことが起こると、悪く考えてしまう、この性分。

今も続いているし、これからも続くのでしょう。

噴き出す不安とは、一生付き合わなければならないと思います。

 

自分なりの、不安の対処法。

今のところ、その不安の対処としては、心療内科でもらった頓服薬を飲んでます。

薬のおかげで、だいぶ不安から解き放たれる感じがします。

あとは、環境面から言うと、部屋の掃除をしたり、散歩や自転車でどこかへ行ったり、気を紛らわせる。

あまりに不安で押しつぶされそうなら、眠ってしまう

目が覚めれば、かなり不安が軽減されているという、自分なりの経験によるんですがね。

あとは、ただただ自分の今やらなければならないことを、淡々とやる

機械的でも、なんでも、今そこにあることを片付ける、ということです。

限界を感じたら、やっぱりお医者さんに行くべきかと思います。

誰かに、自分のこの不安を訴えるだけで、不安は和らぐと思いますし。

これらは、私なりの対処法ですから、あくまで参考までに。

 

以上、「押し寄せる不安はどうすればいいのか?私なりの対処法」でした。