shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

Kindleオーナー ライブラリーを利用した、その感想。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

先日、「Amazonプライムデー2017」で購入した「Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル」。

f:id:shohei_info:20170728085138j:plain

その際、私はAmazonプライム会員になったわけですが、Kindle端末を持っていると、Kindleオーナー ライブラリーというサービスを利用することができます。

ざっくり言うと、毎月、対象の本を1冊無料で読めるサービスです。

これを、早速利用することにしました。

  

Kindleオーナー ライブラリーとは。

Kindleオーナー ライブラリーは、対象の本の中から好きな本を1か月に1冊、無料で読めるサービスです。

Kindleオーナー ライブラリーを利用するには…。

1.Kindle端末かFireタブレットを持っている。

2.Amazonプライムの会員か、Amazon Studentに加入中。

この2つの条件を満たす必要があります。

私の場合は、Kindle端末もFireタブレットも持っていて、Amazonプライムの会員なので、利用できます。

あと、利用する端末は、自分のKindle端末やFireタブレットだけで、iPhoneのKindleのアプリでは、Kindleオーナー ライブラリーは使えません

 

早速、Kindleオーナー ライブラリーを利用する。

購入したKindle Paperwhiteの検索から、自分の好きな本を検索してみます。

例えば、「英語」と入力。

f:id:shohei_info:20170727100038j:plain

すると、英語の本がずらーっと、出てきます。

その中の、「prime」というマークがついているのが、Kindleオーナー ライブラリーの対象書籍です。

f:id:shohei_info:20170727100040j:plain

「prime」のマークがついている本のひとつを、見てみます。

すると、「無料で読む」のボタンが出ています。

これをタッチすると、無料で読めるようになります。

f:id:shohei_info:20170727100042j:plain

Kindleオーナー ライブラリーを利用するのは、そんなに難しいことじゃないです。

 

Kindleオーナー ライブラリーの感想。

Kindleオーナー ライブラリーを使ってみましたが、ちょっとした感想を言うと…。

Kindleオーナー ライブラリーの対象書籍が、少ない!

ああ、あれ読みたいなと思う本が、ことごとく対象外。

Kindleオーナー ライブラリーでは、自分の読みたい本となかなか出会えないというのが難点。

もっと、対象の書籍を増やしてもらえんでしょうか。

あと、毎月1冊無料で読めますが、その本は次の本を読む時に返却しないといけません。

私は、毎月1冊ずつ読める本が積み重ねっていくという誤解をしてました。

ライブラリー、つまり図書館で1冊本を借りて返却するという感じのサービスなんですよね~。

別の本を利用中の場合は、今利用している本の利用終了手続きをしてから、次の本を利用する必要があります。

というわけで、まあ、なんだかんだ思うところがあるものの、自分が読みたい本をKindleオーナー ライブラリーで探して、これからも利用しようと思います…。

 

以上、「Kindleオーナー ライブラリーを利用した、その感想」でした。 

 

 

関連記事: