shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

IPO ビーブレイクシステムズ、期待!

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

4月のIPOラッシュから一ヶ月ちょっと、IPOはまったくなかったわけですが、6月からいよいよIPOのラッシュがやってきます

f:id:shohei_info:20170531133601j:plain

まず、最初のIPOが、ビーブレイクシステムズ(3986)です。

これが、超目玉だと思います。

 

主幹事SBI証券。

ビーブレイクシステムズのIPOを手がける、主幹事証券会社が、SBI証券です。

SBI証券といえば、IPO落選ごとに、IPOチャレンジポイントを付与してくれます。

その付与されたIPOチャレンジポイントを、別のIPOの申込に使えば、そのぶんIPO当選確率が上がるというもの。

このIPOチャレンジポイントを、私は356ポイント持っています。

f:id:shohei_info:20170531170044p:plain

今まで、SBI証券でポイントを使ってIPOに当選した試しがなく、ここまでポイントが貯まっていました。

で、今回は、SBI証券が主幹事であり、配分される数が多いということで、取りに行きたいなと思っています。

 

IPOビーブレイクシステムズの評価。

ビーブレイクシステムズのIPOとしての評価は、どのサイトを見ても、高評価

初値は5,000円を超えるんじゃないかと予想するサイトもあります。

大きな値上がりが見込めそうです。

もちろん、100%の保証はできませんがね。

しかし、注目されているIPOであるということは確かだと思います。

 

SBI証券のIPO戦略。

ビーブレイクシステムズのIPOをSBI証券で申し込むわけですが、どのように申し込むべきか。

SBI証券のIPO抽選ルールは、100株だけ申し込むより、200株300株と、多い量を申し込んだ方が当たりやすくなるとのこと。

なので、私は、なるべく多い株数を申し込むつもりです。

ただ、申し込んだ株数の分の、現金をSBI証券の口座に入れておかなくてはならないので、その点は注意です。

そして、IPOチャレンジポイントを使うわけなんですが、ここでちょっと迷いが出てきました。

 

次のIPOも、注目!

このビーブレイクシステムズの次のIPOが、ディーエムソリューションズ(6549)

このディーエムソリューションズも、実はSBI証券が主幹事であり、評価の高いIPOなのです。

こちらのIPOにも、申し込みたいとは思っているのですが、いかんせんIPOチャレンジポイントの使いみちに悩まされます。

すなわち、IPOチャレンジポイントをビーブレイクシステムズで使い果たすか、それともディーエムソリューションズで使って申し込むか、それともそれぞれ半分ずつぐらいでポイントを割り振るか。

ポイント半分ずつを割り振って、どちらも当選しないという、虻蜂取らずみたいなことにならないかという心配もあり、悩みどころです。

もうちょっと考えて、申込しようと思っています。

 

以上、「IPO ビーブレイクシステムズ、期待!」でした。

 

関連記事: