shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

最高のゲーム、光栄の「水滸伝・天命の誓い」。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

最近は、DQMSLをやりがてら、この前購入した「水滸伝・天命の誓い」をプレイしています。

f:id:shohei_info:20170410091910j:plain

やっぱり、面白いですね。

 

ゲームの目的は、高俅を倒すこと。

「水滸伝・天命の誓い」のゲームを始めると、中国の地図が右に出ます。

一見、三国志のような、全国を自分の陣地にするのが目的にように思えます。

f:id:shohei_info:20170410094516j:plain

しかし、ゲームの目的は、高俅という悪者をやっつけることです。

コイツです。

f:id:shohei_info:20170410094457j:plain

高俅自身は、そんなに能力の高い人ではありません。

ただ、まわりを固めている部下たちが大勢いる上に、有能なのです。

そんな高俅が治めている土地が、赤色のところ。

地図の真ん中と、南に何個かあります。

 

ゲームの進行。

序盤は、高俅の治める土地には、不用意に近づくことができません。

隣接した場所をねぐらにしまうと、お金を要求してくることがあります。

f:id:shohei_info:20170410095047j:plain

お金を支払えば見逃してくれますが、支払わないと攻めてくるかもしれません。

軍備が整っていない序盤では、泣く泣くお金を支払うこともあります。

あと、高俅の治める23の開封府は、勅令が出るまで攻撃することができません。 

最初のうちは、できれば誰とも隣接しない場所をねぐらにします。

f:id:shohei_info:20170410095317j:plain

どちらかと言うと、西より東の方が人材が豊富で、ねぐらに向いた地が多い気がします。

ねぐらを確保してからやることは、奉仕と人材登用。

奉仕は、治水・肥沃・繁栄の数値を上げる開発作業。

治水は、夏の洪水防止。

肥沃は、納められる食糧の量。

繁栄は、納められるお金の量。

特に、繁栄の数値を上げて、お金の徴収を上げたいですね。

ただし、実際にお金と食糧が納められるためには、共鳴の値が40以上である必要があります。

共鳴は、いわば民忠誠度のようなもの。

住民に食糧を配り、施しをして、40以上の共鳴にします。

40以上の共鳴であれば、毎年1月にお金と食糧が納められてきます。

f:id:shohei_info:20170410100441j:plain

そして、人材登用をして、仲間を集める必要があります。

自ら志願してくれる人もいますが、これは稀なケース。

f:id:shohei_info:20170410100536j:plain

序盤は、自ら出向いて、繁華街でスカウトすることになります。

仲間になってくれるならいいんですが…。

f:id:shohei_info:20170410100737j:plain

序盤では、仲間になってくれないことが多いです。

f:id:shohei_info:20170410100847j:plain

仲間になってくれるには、自分の人気を上げる必要があります。

人気は、情報で確認できます。

人気は、自分の治める土地が多くなったり、猛獣をやっつけたりすると上がります。

f:id:shohei_info:20170410100950j:plain

この人気の数値が高いほど、仲間になってくれる人材が増えていきます。

序盤で仲間になってくれる人は、能力値の低い人が多いですが、それでも人はいないよりいたほうがマシ。

どんどん仲間にしていきます。

開発が進み、人が増えてきたら、今度は軍備。

このゲームのポイントの一つが軍備で、小者(兵士)をそろえるだけでは、なかなか敵に勝つことができません。

武装と訓練の数値を100に近づけていく必要があります。

武装は、愛想の悪い武器屋で武器を買うことで、数値を上げることができます。

ただし、武器はお値段が高いので、物価が安い時に買いたいところ。

f:id:shohei_info:20170410101443j:plain

あとは、船を購入しておくことも必要です。

戦闘では、川や湖など、水辺は船がないと通ることができませんので。

どうしても川を渡らないといけない場面で、船がないとどうにもなりません。

f:id:shohei_info:20170410101803j:plain

武装をし、訓練をし、軍備が整ったら敵を攻め、自分の陣地を増やしていきます。

ここまで勢力を拡大していくと、高俅を倒すまであと少し。

f:id:shohei_info:20170410102000j:plain

やがてこんなメッセージが。

f:id:shohei_info:20170410120139j:plain

高俅を倒す勅令が出されます。

これで、ようやく高俅の治める23の開封府を攻めることができます。

そして、高俅を捕まえることができれば…。

f:id:shohei_info:20170410120737j:plain

エンディングです。

 

時間制限。

このゲーム、時間制限があります。

1127年に、北から金国が攻めてくるんですよ!

f:id:shohei_info:20170410120949j:plain

ああ、地図が金国の領地で埋め尽くされていく…。

f:id:shohei_info:20170410121007j:plain

1127年に金国が攻めてくるのは、史実通り。

1126年12月までに、高俅を倒さないとゲームオーバーです。

f:id:shohei_info:20170410121058j:plain

こんなバッドエンディングにならないように、さっさと高俅を倒さないといけません。

 

最高のゲーム。

私がやってきたゲームの中で、最高のゲームのひとつです。

30年近く前のゲームなのに、今でも面白くてたまらない。

もう、ずーっと遊んでいられる感じ。

ついつい、のめり込んでしまいます。

ゲームの自由度が高いというか、いろいろやれるんで、楽しいですねぇ。

出て来る人物が、個性溢れて魅力的。

無頼漢を仲間に誘って断られ、その後有名になったら仲間になってくれる、ツンデレシステムが、一層そそられます。

ちなみに、この後、続編である「水滸伝・天導一〇八星」が出るのですが、こちらも同じくらい面白い!

「水滸伝・天導一〇八星」の、今後の配信に期待します。

 

以上、「最高のゲーム、光栄の水滸伝・天命の誓い」でした。

 

関連記事: