shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

東海道新幹線に乗るなら、E席に座りたい!

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

先日、名古屋から東京まで、東海道新幹線で往復しました。

N700

ぷらっとこだまを使いましたよ。

やっぱり、ぷらっとこだまは、お安いので満足です。

それはともかく、東海道新幹線に乗るなら、やっぱりE席だと思うんです。

 

E席とは。

E席は、東海道新幹線の内陸側の窓側の席です。

https://www.jr-odekake.net/train/nozomi_700/img/seat_03.gif

新大阪←   →東京

2人席の窓側ですね。

 

E席のメリット。

午前、名古屋から新幹線に乗車して東京に向かう。

天気は晴れ。

窓側のE席に座ると、日差しが少し入りましたが、それは名古屋からしばらくの間だけ。

それからは、窓から日差しが入ることはほぼありませんでした。

日除けを使わなくて済むので、車窓からの風景が楽しめるというわけです。

もちろん、季節によっては太陽の位置も変わるので、日差しが全く入らないというわけじゃないとは思いますがね。

天気が良い日、窓から富士山が見られるのは、とても大きなメリット。

私が利用した新幹線は、名古屋9:29発、こだま640号(N700系)。

N700系新幹線は、窓側の席でコンセントが使えるんですよね。

パソコンやスマホ等の充電ができるのは、大きいなぁと思います。

あとE席は、2人席なので、お手洗いとかで席を立つ時に、気を遣うのは1人だけで済むというメリットもあります。

ところで、私が新幹線に乗ったこの日は、天気は良かったんですが、雲のせいで富士山はあまり見えませんでした。

f:id:shohei_info:20161111093652j:plain

 

帰りもE席。

帰りは、夕方。

天気は晴れ。

東京15:26発の名古屋行き、こだま667号(N700系)。

東京駅から出発後、しばらくは日が当たるけれど、新横浜を出てからは、それほど眩しくなかったかな?そうでもなかったかな?

もちろん、眠るつもりであれば、E席である必要はないんですがね。

それでも、コンセントが使える上に2人席であることのメリットは、大きいかと。

帰り道、夕方の富士山は霞んで、綺麗に見えました。

f:id:shohei_info:20161111093716j:plain

 

席の予約は、E席で。

私は、東海道新幹線のきっぷを買う時、 E席で予約するようにしています。

私の場合は、ぷらっとこだまを利用することがもっぱらですが、ぷらっとこだまを予約する時に、E席をお願いしています。

ぷらっとこだま自体も人気なんですが、E席を予約しようとする人も多いので、予約が始まる1ヶ月前になったらすぐに予約を入れた方が良いと思います。

特に、土日祝日のぷらっとこだま予約は、お早めに。

 

関連記事:

www.shohei.info