shohei.info

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)の攻略 , iPhone , IPOやソーシャルレンディング等の投資 , 放送禁止シリーズなど様々な情報~管理人ショウヘイのブログです。

ファミコン前夜、ゲームウォッチ。

スポンサーリンク

こんにちは、ショウヘイです。

ゲームウォッチを知っていますか?

ファミコンブームが起こる前に流行っていたのが、ゲームウォッチだと私は記憶しています。

ウォッチといっても、時計じゃなくてゲーム機です。

 

正しくは「ゲーム&ウォッチ」みたい。

ゲームウォッチのことをネットで検索してみたら、正しくは「ゲーム&ウォッチ」でした。

dic.nicovideo.jp

しかし、私たちは「ゲームウォッチ」と呼んでましたね。

「&」があることに気づいてなかったし、みんながそう呼んでいたので、「ゲームウォッチ」という呼び名が根付いていたんだと思います。

そういう経緯があるんで、「ゲームウォッチ」と呼ぶことにします。

 

元祖携帯型ゲーム機。

ゲームウォッチは、言うなれば元祖の携帯型ゲーム機です。

といっても、ゲームボーイよりももっと昔のもの。

もちろん、ニンテンドーDSというレベルのものではないです。

何しろ、ファミコンが出てくる前に発売されたものですから、ニンテンドーDSみたいな高度なことはできません。

一つのゲームウォッチで遊べるゲームは基本的に一つだけなんですから。

それでも、私たちは、興奮しましたねぇ。

 

ゲームは単純。

ゲームウォッチのゲームは、エンドレスでひたすら点数を稼ぐというのが基本。

ものを落とさないように運ぶ!とか、敵に捕まらないように宝物を取りに行き戻ってくる!とか。

ゲームが進むに連れて起こることといえば、ゲームスピードがアップしたり、少しの邪魔者が出てきたり等ぐらい。

ゲームの難易度が単純に上がる程度の変化しか起こらず、淡々とその限られたゲームシステムをこなしていく感じです。

まだそんな複雑なゲームシステムが存在しなかったわけですし、その当時の技術で表現できることは限られてましたから、ゲームはシンプルなものでした。

それでも楽しかった、私を含めた当時の子供たちは。

 

いろんなゲームウォッチ。

ゲームウォッチ(ゲーム&ウォッチ)という呼び名は、厳密には、任天堂のものを言いますが、任天堂以外にもゲームウォッチの範疇に入るものは出ていました。

しかし、子どもはお金持ちじゃないので、持っているものは限られていましたね。

私が持っていたのは、ジャッジというゲームウォッチだけでした。

ですから、持っていないゲームウォッチを友達から借りたりして、遊んでいましたね。

友達がたくさんいれば別ですが、様々な多くのゲームウォッチを遊ぶということは、なかなかできませんでしたね。

そりゃ、私もいろんなゲームウォッチで遊びたかったですけど、そんなに友達いなかったし!w

 

ファミコンという黒船。

しかし、そんなゲームウォッチのブームは、一気に消え去りました。

それは、ファミコンの登場

ファミコンが、子どもたちの遊びの大半をかっさらって行きましたね。

私も友達も、完全にファミコンへシフト。

もうゲームウォッチは、捨てられたか、押し入れの奥深くにしまわれてしまったと思います。

それさえも、記憶に無いくらい。

それにしても、任天堂のゲームウォッチブームを任天堂のファミコンブームが押しのけた感じが、今考えてみるとなんかすごいですね。

その後のTVゲームの隆盛を見ると、そのブームをうまく見究めた任天堂の大勝利だなと思います。

 

ゲームウォッチは今。

そんな一時代を席巻したゲームウォッチですが、今も復刻版という形で遊ぶことはできます。

ニンテンドーDSのソフト「ゲーム&ウォッチ コレクション2 クラブニンテンドー限定」など、発売されています。

まぁ、これもニンテンドー3DSではなく、その前のニンテンドーDS用のソフトなんですよね。 

時代はどんどん進んでいるなぁと感じてしまいます。